永代供養付きの樹木葬│費用やおすすめな方の特徴、選び方を解説

永代供養付きの樹木葬│費用やおすすめな方の特徴、選び方を解説



お墓といえば、従来は墓石を建てて供養を行なう形が一般的でしたが、近年は「樹木葬」のような、新しいスタイルのお墓も選ばれています。永代供養付きの樹木葬を選択することで、どのような良い点があるのでしょうか。

本記事では、永代供養と樹木葬の違い、樹木葬の種類や費用目安、永代供養付きの樹木葬がおすすめな方の特徴などについて解説します。併せて、樹木葬を検討する際の選び方のポイントも紹介しますので、ぜひご一読ください。

■永代供養と樹木葬の違い

まずは、「永代供養」と「樹木葬」の違いについて解説します。

◇永代供養とは?

永代供養とは、お墓の供養方法の一種で、霊園や寺院がご遺族に代わって、そのお墓の管理全般を行なうことをいいます。

現代は、「家族が遠方に住んでいる」「高齢でお墓まで足を運べない」「お墓を受け継ぐ方がいない」など、お墓を守れない事情がある方が増えています。永代供養付きのお墓を選択すれば、お墓参りをする方がいなくても、霊園・寺院の方に永代にわたって供養してもらえます。

なお、永代供養が付いているのは、樹木葬だけではありません。墓石を用意するお墓や納骨堂などでも、永代供養を選択できます。

◇樹木葬とは?

永代供養は「供養方法の一種」ですが、一方の樹木葬は「お墓の一種」です。

樹木や花など、植物をシンボルとするお墓のことを「樹木葬」と呼びます。ほとんどの樹木葬に永代供養が付いており、「従来のお墓の形にとらわれず、自然の中で眠りたい」という方に選ばれています。

樹木葬はスタイル別に、「庭園型」「公園型」「里山型」の3つに分けられます。

  1. 庭園型:園内は庭園のように整備されている。都市部に多い。
  2. 公園型:樹木や芝生が公園のように飾られている。都市から少し離れた場所に多い。
  3. 里山型:里山に直接埋葬することも可能。郊外の山中に多い。

樹木葬と一口にいっても、整備された環境の「庭園型」「公園型」、自然本来の豊かさを感じられる「里山型」とでは、雰囲気に差があります。お墓選びの際は、実際のお墓を見学して比較検討することをおすすめします。

■樹木葬の種類│埋葬方法による分類